JUGEMテーマ:心理学

 

KARMAブログの書籍紹介コーナーです😌


年間100冊読書をする当ブログオーナーKARMAのオススメ書籍📓

 

"アドラー心理学の



嫌われる勇気"

 

承認欲求が強く悩んでる方や自分の殻を破りたいと思っていてもなかなか行動的になれない方、人間関係で悩んでる方、

読書をはじめたいけど何を読んだらいいかわからないという方にももちろんオススメです。

 

様々な経営者や著名の方がオススメしている1冊になります。

 

僕個人の感想ですが

人間関係や人生の""本質""を教わりました。

 

気になる方は是非1度お読みになってはいかがでしょうか?

 

皆さん、明けましておめでとうございます

KARMAです。


ついに令和も2年目ですね

2020年という年は、東京オリンピックが開催され盛り上がる1年になりそうですね。


皆さんは今年の目標決まりましたか?


1年という期間は長いようであっという間です。


毎年同じことの繰り返しの1年よりも、少し刺激的な濃い1年を過ごしたいと思っていますか?


そんなあなたに

今日は人生を""手早く変える方法""を教えていきたいと思います


人生を変えるって難しくて大変なことなんじゃないかなぁ?

と皆さんは思いがちですが

確かに劇的に短期間で変化させるという行為は難しくてかなりの労力もかかります。


ですが、故意的に人生を動かすには、些細なきっかけが大切で、徐々に徐々にと変わっていくものです。


その少しのエッセンスが長い目を見ると劇的に人生を変えて言っているものです。


なので、ここではその""少しのエッセンス""の部分において解説していきます。



それでは本題に入っていきます。


ヾ悗錣詬Э佑鯀やしてみる

まずは関わる友人を増やしてみる

です。

やはり大人になると学生の時に比べてなかなか友人は増えないもんですよね?


いつもいつも同じ会社の中の人間関係であったり、昔から馴染みのある地元の友人であったりなどと


同じ年齢でも少し壁を作ってしまいがちで、踏み切れず、腹を割って話せるような友人関係になれなかったり..


じつはこれはよくある話で

決して悪いことではないのですが、これでは同じ繰り返しな気がして、少し刺激が足りないと感じてしまいますよね?


ですので、まずは、他分野や自分の興味ある分野などでの友人を増やしてみる!


ということをおすすめします。


今の時代SNSなどで簡単に繋がれる時代です

その気になれば、他の地方や、もっと言えば他の国の人と簡単に繋がれます

昔と比べて仲良くなれるチャンスも段違いに多くなっています!


もはやこのSNSを活用しない理由がありません!


子供ならまだしも、大人なら信用できる人間できない人間を判別する能力はありますよね。


実際に僕も自分の殻を破りSNSで様々な人間関係を築いていました。

中には確かに信用できないと思う人間も少なからずいたのは事実ですが、それ以上に他の地方や他の国に多くの友人ができたのも事実です。


元々僕は海外に興味がありました。

ですが周りには一緒に海外に行ける友人も居ませんでした。

そこでSNSを通じて海外に友人を作ればいい!と思い即行動に移した結果。

親密度を高めて会うことになり1人で海外に出向き親切に案内してもらいとても充実した海外旅行が出来ました!


逆に日本に遊びに来た外国の友人を案内したりオススメな場所を教えたりなど


確かにそこには人生に'"刺激""がありました。


なので、もう一度言いますが、友人関係を広めるという行動を僕は強くオススメします。


世界は広いです。色々な人間がいます。

絶対に自分に合う性格の人はいます。


確かに1から人間関係を構築するということは、労力もかかりますし多少の勇気もいります。

ですが、その反面、必ず人生の刺激になる

これは僕も約束できます。


1人で海外旅行をしてみる

少し,隼ていますが、

これはまだ日本から出たことがない人に特におすすめします。


※一つ注意点ですが治安の悪い国や初心者にはあまり向かない国もありますので、その辺は自分で充分にネットなどを見て下調べして考慮してみてください。


僕は初めての海外旅行で1人で、お隣の韓国へ行ってきました。


元々多少なり海外では興味あったんですが、周りで一緒に行ってくれる友達がいなくて21歳の時に1人で行こうと決心しました。


この時、僕は飛行機に乗るのも初めてで、正直もう何がなんだか右も左も分からない状況でした


社会に出てみると、日本ではある程度のことは分かりますよね?


何も知らなかった頃のような右も左も分からないという状況は、日本にいてはなかなか体験できないと思います!


そんな中、言葉も通じない文化も違う国で自分はどうやって過ごすのだろう?と、ふと疑問に思いました。

それから行動するにです。時間はそんなにかからなかったです


飛行機に乗っていて、現地が見えてきたとだろ、不安反面楽しさ反面でした。


いざ着いてみるとやはり分からない事だらけで色々戸惑いました、でもこの年になってこんな新鮮な状況に出会えるというのが面白くなってきたのを覚えています。

(多分自分は逆境に燃えるタイプ。笑)


やはり国が違えば文化も食事も建物も文字も違う。

頭では分かっていましたがそれが身に染みました。


やはり世界は広いんだと思い

いかに自分の存在が小さいかを知りましたね。


韓国と言うこともありネガティブな気持ちは多少はありましたが現地の人も親切に色々教えてくれて想像よりも遥かにいい国でした。

きっとこれも足を運んでみて初めて実感できる事だと思います。


それから香港、アメリカ、と足を運び、様々な文化を見てきました。

色々思うとこありますがやはり国じゃなくて人間なんだなと思い。

各国への先入観でイメージを決める事が無くなったのも事実です!

(どんな国でも良い人悪い人はいます。)


海外へ行くようになり価値観も広がり行動力も身につき、何よりも大きかったのが自信に繋がりその後の人生で挑戦する事が楽しく思えてきた瞬間でもありました。


きっとこの1人海外旅行の経験は今後の人生でも役に立つ良い経験だと確信しています。


F表颪鬚垢襦碧棔電子書籍)

読書を趣味にすると本当に人生が変わります。

(中でもビジネス書はオススメです。)

読書を取り入れるだけで年収も上がるという研究結果もでているくらいですので読書をしない理由はもはやないかと思います。


ただどうしても集中力が続かないと言う人は慣れるまでは苦痛かも知れません。笑

(僕もこの1人でした。笑)



本当は全然知らないジャンルを読む事をオススメしているのですがまずは好きなジャンルの小説などで慣らしてからジャンルの幅を広げていく事を敢えてオススメします。

(貴重な読書する機会ですから初っ端から飛ばして他ジャンル読んで読書を嫌いにならないで頂きたいので。笑)


まず読書のメリットを挙げます。

1.想像力(クリエイティビティ)が上がる

2.語彙力がつく

3.知識になる

4.読書をネタに人脈を作れる

5.沢山読むにつれて文章力も向上する


などが挙げられます。


経営者などお金持ちの方々が読書を取り入れている理由も何となくわかりますね。


本はいくら高くても1冊3000円くらいです。


それを最低でも1ヶ月1冊読む。


これだけで後々どれだけ読書をしない人と差が出る事かわかりません。


1ヶ月本1冊ならお酒代を少し控える私的な出費を多少控えるだけでも買えますよね!


これで人生変える事ができれば安いもんですよ!


僕的にオススメの本を紹介できますが敢えて今後紹介させていただきます。笑


まずはあなたが興味ある分野の本を読んでみてください。


いいですか?1ヶ月1冊ですよ?約束ですよ?笑


と、こんな感じで今日は終わりたいと思います。


〇まとめ


〇色々なジャンルの友人をもって交友してみよう。


〇1人海外にチャレンジしてみよう


〇読書を習慣化しよう


本質的なところをまとめるとこんな感じです。

これだけで本当に人生変わります。


もし良ければ今年1年目標が対して定まらないけど現状が嫌だ!という人は是非参考にしてみてはいかがでしょうか??🤔


長々とご閲覧ありがとうございます😌

それでは次回🙌

 

こんばんは、カルナです。

 

今回は会話にこれを取り入れるだけで好感度が劇的に上がるという方法を一つ解説していきたいと思います。

 

結論から言います。

 

会話に""質問""を多く取り入れてみよう!!

 

これは特に初対面で相手と距離を縮めるのによく使える手法になります。

 

これは外交の人でも勿論内向的な人でも使える手法なので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

ただ、質問と言っても、尋問みたいな質問攻めや、相手の返答に対して興味ないなと相手に思わせるような薄い反応などはNGです。

 

実際に質問をする人はそうでない人に比べて5倍好感度が高いという事がハーバード大学の研究結果でもわかっています。

 

やはり質問というのは、私はあなたのことを知りたいという自己開示になります。

なので相手からもこの人は私の事を知りたいのかな?その好意に応えようという返報性が働きます。

 

 

※前にも当ブログで話した、バックトラッキング、という手法も重ねて使うとさらに絶大な効果を発揮しますので是非読んでみてください。

 

http://karuma.blog/?eid=32

 

(バックトラッキング解説)

 

自分が質問した内容に対して相手から返答があった場合はなるべくポジティブなリアクションをとりましょう(例外もあります。)

 

そうすることで、この人は私の話を聞いてくれる人だという認識を相手に植え付けさせることができます。

 

皆さんも自分の話を聞いてくれる人は一緒にいて気持ちがいいものですよね!

 

 

そこで注意点として絶対にやってはいけないことがもう一つありまして、それは決して""自語り""をしてはいけません。

 

逆に、皆さんも、初対面で聞いてもいないのに、自語りをしてくる人、大体引きますよね内容によってはどう反応して良いかも分からないですし。

 

もし相手から質問されて、自分が何かを返答する際は、自慢げな内容でも決して自慢気に語ってはいけません。

人は誰しも多少なり承認欲求があります。なので周りを認めさせたい、周りに認めてもらいたい生き物なのですなので時には自慢げに語ってしまいそうになる時はあります。

 

ですが、自慢げに語ってる人を客観的に見て、やはりあまり良い印象ではないと思います

なので、自慢げに語りたい気持ちをぐっと堪えて謙遜気味に返答しましょう。

 

本当にあなたが優れている人だったら自慢げに語らなくても、周りはあなたを認めてくれます。なので自慢げに語るという行為は百害あって一利無しです。

これは断言できます。

 

この""質問をして相手の返答に対してポジティブなリアクションをとる""

という行為は

恋愛の場面でも相手に好印象を残す手法として優れています。

 

だいたいの女性は恋愛話が好きです。

なので恋愛の話を相手に持ちかけます。

そうするとだいたいの女性は長々と自分や周りの体験談を話してくれます。

自分はそれを共感して相槌を打っているだけで、

相手からこの人は私の話を聞いてくれる人=この人といて心地いいと印象を残せるので一気に距離も縮まる傾向があります。

 

大多数の人がコミュニケーション能力が高い人=外交的な人

と思いがちですが、実際にはコミュニケーション能力が高い人=聞き上手だと言われています。

 

聞き上手=共感能力が高い人

 

内向的な人の方が外向的な人よりも共感能力が高いと言われいます。

結論、代行的な人が積極性を身につけたらコミニュケーションにおいて無双できます。笑

 

※解決策

外向的な人はまず会話に質問を取り入れてみる。

共感能力を向上させる。

 

内向的な人は積極性を身につけてみる。

行動力を向上させる。

 

こうすることでより良い人間関係を築く事ができます。

 

以下まとめ

〇初対面では特に質問主体の会話をしよう(相手を尊重する)

 

〇自慢げに話す行為や聞かれてもない自語り、あまり興味無い内容でも興味無い素振りは厳禁行為

 

〇+‪α‬でバックトラッキングを使うとさらに円滑にコミニュケーションがとれるようになる。

 

〇実は内向的な人の方がコミニュケーション能力が高かった。

 

とざっくりですが解説させて頂きました。

 

長々とご愛読ありがとうございました。

それではまた次回😌

こんばんは。KARMAです。


クリスマスも終わり今年もあと残すとこ4日になりましたね。


年末シーズンは忘年会などで色々な人と関わる時期です。


そんな色々な人と関わる時期にあれ?この人自分の事嫌いなのかな?

と感じてしまったそこのあなた!!←笑


今回の記事を観ることでそんな悩みを解決します!!


という事で本題に入ります。


今回は""好意ギャップ""について解説して行きたいと思います。


好意ギャップとは??

実際に自分が感じている好意と相手が自分に向けている好意はギャップがあり、実際には自分が感じている好意は小さいので無駄に悩んでしまうというのが好意ギャップになります。


これは内向的な人はもちろん外向的な人も含めて感じているバイアスです。



例をあげますと


初対面の際に実際には相手からの印象は良かったのに自分の中で印象悪かったんだろうなと感じてしまい上手くコミニュケーションが取れなくなってしまう

という事ですね。


みなさんもこんな経験あるのではないでしょうか??


実の所、相手の気持ちを自分が読み取るという行為は自分が思っている以上に難しい事です。


なのであまり必要以上に悩み過ぎずに上手くコミニュケーションを取るように心がけてみましょう。


この好意ギャップの危険な所を説明します。


実際に初対面で相手からの印象は悪かったんだと感じるとこのバイアスは数ヶ月続くとされていて、もちろんそんな相手とは円滑なコミニュケーションは取れずにむしろ警戒心をいだいてしまいます。

自分が相手に警戒心をいだいてしまう事によって、バイアスのせいで人間関係が悪化して自分が身を置いている環境に対して苦痛を感じてしまいます。


そうなるとストレスに繋がります。


そうやって悪循環を招いてしまうのが本当に危険なので対処法としてはこの好意ギャップのバイアスについて知っておくだけでもかなりの対処になりますので是非頭の片隅に入れておきましょう!笑


相手から常に無視されたりとかそのような明らかな行為が無い限りは自分のバイアスに囚われずにコミニュケーションを取っていきましょう。


もし、バイアスに蝕まれそうになったら

相手から嫌われているかもしれない、でも本当はそんな事なくて性格がクールな人だから口数少ないのかな?それとも仲良くなってからめちゃめちゃ喋るタイプなのかな?

などと様々な視点から問題と向き合う事によってバイアス回避にもなりますので是非試してみてください。


やはり大多数の人間は初対面で会う時は多少なり警戒心をいだいてしまう生き物です。


これははるか昔に人間が群れで生きていた頃警戒心のある人間とそうでない人間とでは前者の方が生存確率が高いというデータもあり

その名残が現代の人間にも残っているとされています。


なのであまりシビアにならずにコミニュケーションを取って良い人間関係を構築できるように心がけてみましょう。


それではまた次回😌

こんばんは、カルマです


今日は他人に頼まれごとを受け入れてもらいやすくする方法を紹介していきます。


結論から言います。ピグマリオン効果を使いましょう


ピグマリオン効果とは


人は他人から期待された結果を出そうとするを努力する傾向があります。


関係が浅いほど、ピグマリオン効果を発揮しやすい深いほど発揮しにくいとされています。


例1

上司と部下の関係

慣れ親しんだ上司と部下より

まだ親しみの浅い上司と部下の関係で

上司に期待しているよと言われた新人は努力する傾向がありますよね


例2

恋人同士の場合

こちらも上記と同等で、

頼みむ事などをする場合も、日が浅いカップルの方が頼まれてくれる確率も高くなります

さらにそこに、あなたに期待しているよという言葉を添えてあげるだけで、更に格段に頼まれてくれる確率が高くなると言えます。


それでは、関係が深い人に頼まれごとを聞いてもらう場合は、どのような手段を取ればいいのでしょうか?


それが、

""スモールミッション""

を適度に与えるという事です。


スモールミッションとは?

言葉の通り、小さなお願いごとをたくさんしようということです


ここで一つポイントなのが""あまり相手が労力を使うようなこと""は避けるようにしましょう。


なぜかというと


頼み事を聞いてくれないだろうなと思う相手は

やはり労力を使うような頼まれ事はあまり引き受けてはくれません


なので、例を挙げますと

ちょっとそこのものを取ってくれる?

帰りのついでにちょっとコンビニによって飲み物を買ってきてほしい


などとあまり相手に労力がかからないような小さなミッションを定期的に与えるようにしましょう


そして、もう一つポイントなのが

そのミッションを相手がこなしてくれたら相手をものすごく褒めてあげましょう、または、物凄く感謝の意を表しましょう


それを定期的にやることで関係が深い場合であっても、頼まれ事を引き受けてくれる確率が格段に上がります


なぜ、小さな頼みごとを何度も行う必要があるか?


""フットインザドア""

と言って、

人は小さな頼み事を何回も受け入れてもらった後に大きな頼みごとをすると受け入れてくれる確率が上がるというのが研究結果でも判明しています


なので

このフットインザドアの理論を利用し、

スモールミッションを与えることによって頼みごとを受け入れてくれる確率を上げようというものです。


もう一つ


""ドアインザフェイス""

というものを解説していきます


ドアインザフェイスとは

最初から断られることを前提に、大きな頼みごとをして断られることで、相手に罪悪感を植え付け、次の頼み事を断りづらくさせる


という方法もあります


例を挙げますと

会社の忘年会を部下に断られる前提で誘ってみます

案の定、断られます

その翌月に新年会または、比較的規模の小さな親睦会に誘います

こうすることで、部下は忘年会を断ったという罪悪感を感じ

新年会に参加してくれる確率が上がるというものです


例2

年末の大掃除に開業

あまり動こうとしない息子に断られることを前提に、家の外の壁拭きをやって?と頼みます

もちろん外は寒いし、断られてしまいます

じゃあ、部屋の窓ガラスを掃除して?

と頼むと

1回目断ってしまったからなぁという罪悪感と

寒い中、外で掃除するよりマシか

と思ってもらうことによって

息子が掃除してくれる確率が

ただ単に窓を掃除して、と最初から頼むより上がるということです



このピグマリオン効果、フットインザドア、ドアインザフェイスを場面で使いこなす事によって相手を自在とまでは言いませんがかなりの確率で思うように操れます!笑


もうそろそろ年末で大掃除の時期です。

もし、御家族や会社で大掃除に非協力的な人を動かしたい場合に使ってみてはどうでしょうか?笑


長々とご閲覧ありがとうございます。

それでまた次回😌

こんばんは。KARMAです。

本日は上から目線の人の正体について解説していきます。


皆さんの周りにもやたら上から目線で話してくる人いますよね?


たまにどのような心理で話しているんだろう?

と疑問になる時ありますよね。


上から目線の正体を知ることによってその疑問は解決されます!


そしてその対策まで記事にしていきたいと思います。


""上から目線の正体とは?""


結論から言います。


""自分の能力に対する不安""

ですね。


自分の能力の無さを自覚している人程上から目線になる傾向があります。


例1.

自信が無いが故に上から目線になる(自信無い=駄目だと思い周りに自信ある人だと思わせたい心理)

自信が無いから簡単な仕事しか手を出さない=失敗しないから自尊心が傷つかない=成長ができない


例2.

簡単な仕事を大量にこなしていると忙しい人になり仕事ができる錯覚に陥って上から目線になる


故に大したこともしないで年だけ取ると生きてきた年数で無駄に自信がついて上から目線になってしまいがちです。


要は簡単な事を大量にこなしているから自信がある=自分はできる人だと錯覚して優越感に浸る

という負のループですね。


ちなみに成長できる人間は自分の知識や能力は変えられるものだと思っており、

それ故に難しい問題事に挑戦します。

たまにミスや失敗もしてしまいますが成長していきます。


上から目線の人達はそんな人達を上から測って馬鹿にしている人が多い気がしますよね。


(結局失敗してるじゃん)とか(そんなんやって何の意味があるの?)などと結局自信がないが故に行動できずそれを正当化して動けずに時代についてこれない人達。

皆さんも目の当たりにした事あるはずです。


そのような人達は思考停止している状態なのでそのような人達を見かけた時は自分はこうならないようにしようと反面教師にする事をオススメします。笑


自分が何かに挑戦していて上から目線に物を言ってくる人達がいた時の対処法なんですが。


1番はやはり縁を切るというのをオススメします。

やはりそのような存在は一害あって一利なしです!!


それがどうしてもできないという状況なら2択です。


1.とりあえずシカトし続ける

それか

2.理論的に論破する

です。


やはり上から否定してくる人達に理解を得ようとどう説明しても思考停止している人達には伝わりません。

それはあなたが伝え方が悪い場合も時にはありますが相手の理解力が著しく貧しい場合もあります。

どちらかと言うと後者の方が確率高いです。


なので相手が否定しくる理由をなるべく具体的に聞き入れましょうそれで自分が納得できるような回答だった場合はこの人の意見はこのような意見なんだとその意見を否定する事せずに聞き入れましょう(それに従うかどうかは自分次第です。)


ですが大抵の思考停止している人達は具体的に理由を話せずに抽象的な理由しか返ってきません。


そこで本当に自分を思って言ってくれている人なのかただ上から言いたいだけの思考停止している薄い人間なのかを判断する事が出来ます。


人生において自分と関わる人達は大切な存在で正直どうでもいい人達の為に時間は使いたくないですよね?

そうする為には周りの人間関係を洗礼していく必要がありやはりそのような薄い人間達との関わりはなるべく抑えたいものですよね。


なので今回の""上から目線の正体""を知ることで周りの人間関係を見つめ直してみてはどうでしょうか?


やはり何かに挑戦するとなると否定してくる人間はつきものです。

ですがそれ反面応援してくれる人達もいるのでその人達にだけ目を向けてみてはどうですか?


そちらの方がきっと良好な人間簡単を築けるはずです。


長々とご閲覧ありがとうございます😌


それではまた次回!!😌


こんばんは、KARMAです。


今日は僕が日頃から行っている思考の深め方について解説していきたいと思います。


まず先に、思考や考え方は先天性の物だと思っている人


""安心してください。""


思考や考え方は後天的なものです。

人間の考え方は99.9%先天性とは関係がないと言われています。


脳の作りは皆ほとんど同じでなぜこうも違うかと言うと色々生きて来た過程でとか複雑な物事が絡んできてしまうのですが

要は大多数の人はうまく使えていないだけだと言えます。



元々僕は頭を使う事が大の苦手で考えるという事を放棄しながら生きてきました。笑


ですが大人になっていくに連れて考えなくてはいけない場面に何度も出くわしてそれ以降考える方法とはなんだろう?って模索してきたタイプの人間です。笑


今でも思考の深さに自信があるか?


と言われたら少し自信がないかも知れません。笑

ですが大多数の人よりも思考は深いと思いますし

何より多少の自信になったのはやはり周りの人達や立場が上の人に考え方や提案が賞賛される回数が増えたという事実があって多少ですが自信はつきました!


ですが自分ではまだまだだと思っており日々自分の知的好奇心に対して追求し続けより深い人間になりたいと思っているのも事実です。


なので今回僕が皆様にお伝えする方法は一種のアドバイスとしてお聞きください。


方法はものすごくシンプルで""2つ""

だけです。


1.どんなに多忙でも一人きりで自分と向き合う時間を作る


社会に出るとスケジュールに追われてどうしても自分と向き合う時間を忘れてしまいます。


自分の時間がないと思い込む=気持ちに余裕がなくなる=いざという時に100%の力が発揮できずに時には思わぬ失敗をしてしまう事もあります。


自分の時間を作るようにしている人=気持ちに余裕ができる=細かい事にも気を配る事ができここぞという場面で100%の力を発揮できる=成功に繋がる可能性


と他にも自分の時間を作る人とそう出ない人との違いは沢山ありますが簡単に説明するとこれくらいの違いがあります。


※例です


そして、何よりも行動の主軸になるのが""思考""ですよね?


みな行動する時はある程度考えて行動しますよね?


自分の時間を大切にすることによって自分と向き合う時間が作れます。


少しスピリチュアルチックに聞こえてしまいますがもちろん科学的根拠もあり今世界で活躍している起業家の方々もやはり自分の時間を大切にしているという背景があります。


なぜ自分と向き合う時間が大切かというと


""自己分析を深く追求できる""

からです。

自分の弱い部分や悩み

長所や短所  

周りの人への感謝

強みや心から好きだと言える趣味

仕事に大しての本心などなど


とにかく自己分析を深く追求することによって自分がより深く知れます。


自分が知れた事によって心の不安事を的確に対処する事ができ自分に足りないものを補おうと努力が出来ます。


自分の強みを今1度再確認する事ができそれを生かせる環境に身を置こうとします。


周りに感謝する事によって謙虚さを取り戻します。


そうする事によって人間性が高まります=人間性が高まると良質な人間関係ができ幸福度も上がり豊かな人間になれます。


このような良循環ができるという事です。


確かに自分の不安事に向き合いそれを対処するのは容易ではありませんが逃げていてはその不安は募るばかりで中々負のスパイラルから抜け出す事ができずに精神的にも疲弊してしまいます。


ですがその壁(不安事)を超えることによって得れる未来はきっと現状よりも良質な未来なはずです。


少し逸れてしまいましたが自分の時間を大切にする(自分と向き合う)メリットについてざっくりですが解説させて頂きました。



2.常に疑問を持ち深く追求し続ける


思考が深い人間で多分これをやっていない人は居ないんじゃないかと思うくらい深い思考の持ち主からすると当たり前だと思う事ですが凡人の僕が意識するにはものすごく大切な事だと思った事です。


例えば友人の話や会社のルールや世間一般のルールなど


何故そうなのか?

をとにかく深堀しまくります!笑


○時までに○○社にFAXを送らなきゃいけない規則があるとします。


生産などの関係で○時までに送らなきゃ行けないのか。

でも何故今どきメールではなくFAXを使っているんだろう?


そうかこの○○の業界だとインターネットあまり使えない人が多くあまり新しい文化を取り入れてないのか


確かに○○の業界は若者が少なく年配の方が大半を占める業界という背景があるんだよな


どうしたら○○の業界を若者が就きたいと思える業界にできるのだろうか?


などと自分なりに深堀して自分なりの意見を出してみるのも思考を深める例です。


例2

正社員は安泰

という風習が根強い日本です。

最近ではどうなの?と言われていますけどまだまだ正社員安泰だと思う人は大半ですよね?


これについても深堀していくと

みんな正社員を目指しているけど何故正社員を目指すのだろうか?


正社員が安泰だと言われているからか!

なぜ安泰なのだろうか?


非正規と正規具体的な違いとは何なのだろうか?


現代の日本の背景からして今後も安泰と言えるのだろうか?


逆を考えると何の業種が今後も生存しているのだろうか?


何故今後あの業種は消えると言われているのだろう?


などと何事にも常に深く追求する事によって脳が活性化され何事も深く考えるというスキルが身につきます。


深く考えて行動する事によってその行動に一貫性が生まれ上手くいく可能性が格段に上がります。


時にはイノベーションも起こせるかもしれません!



それに深く追求する事によって関わる人間の判断もできます。


例えば薄い人間とそうでない人間の違いも

なぜあなたはそう思うんですか?

の一言で具体的な理由が話せる人は薄い人間ではないですよね?


でも抽象的な理由しか話せずそれを深堀すると言葉を詰まらせてしまうような人間は薄い人間です。


あまりやりすぎはよく思われませんがこれが説得力のある人間とそうでない人間の違いだと僕は思っているので

僕はこの基準で人を判断していく事によって良質な人間関係を築く事ができました。


このように思考を深める事によって得れるメリットは絶大です。


本当に人生変わります!笑


誰かの為になればと思って語らせて頂きました。笑


少し長くなってしまいましたがこれで今日は終わりたいと思います😌


長々とご閲覧ありがとうございます😌


それではまた次回!!



こんばんは。
KARMAです!!


もう今年も残すところ1ヶ月切りましたね。
みなさん今年はどんな1年だったでしょうか?
時代が変わり平成から令和となりました。
時代は変われど何も変わらない自分に多少自己嫌悪してしまった事もありましたが当ブログオーナーの僕も自己成長しようと日々精進しておりますので""令和""という時代の流れに負けないように共に日々頑張りましょう!!笑



本題にはいります。

今日も前回の引き続きでネガティブバイアスについて解説していきたいと思います。

※はじめて読む方は,らお読みください。
http://karuma.blog/?eid=43
(ネガティブバイアスについて 
http://karuma.blog/?eid=45
(ネガティブバイアスについて◆
http://karuma.blog/?eid=46
(ネガティブバイアスについて)
http://karuma.blog/?eid=47
(ネガティブバイアスについてぁ

10.拡張化バイアス

拡張化バイアスとは??
実際よりも問題事を大きく見すぎてしまうバイアスです。


例1.
ダイエットしている人が1キロ太っただけで1キロも太ってしまったなどと大袈裟にとらえてしまいネガティブになってしまう。

例2.
小さなミスをしてしまった時も反省は大切ですが必要以上に落ち込んでネガティブな気持ちになってしまう

などですね。

自分のミスなどで必要以上に落ち込んでしまうとそこから派生して自分は何しても駄目なやつだと自己嫌悪に陥ってしまいがちです。

自己嫌悪に陥ると普段上手くいくことが上手くいかず自分の力を100%発揮する事が出来なくなってしまうので""負の連鎖""になってしまいがちです。

なのでやはりバイアスを避ける事が大切です。


拡張化バイアスの対象を説明したいと思います。

普段はあまりよくない事ですが
自分よりも問題事が大きい人を見て安心する
というのが対処法ですね。



借金が50万できてしまったら
FXなどで1000万大損した人をみたり

ダイエット中に1キロ太ったなどの場合は25キロリバウンドした人を見る

などです。

性格からこのような性格だとダメな人ですが一時的にこのように考える事によってバイアスを回避する事はできます!!



11.過小評価バイアス

過小評価バイアスとは??
自分の出した成果などを必要以上過小評価してしまう

というバイアスです。

※謙遜の場合は自分のした事が凄い事だとわけっている上で下がっているので過小評価バイアスに値しません。

やはり自分の出した成果などをちゃんとに評価できないと自信喪失に繋がったりします。

例えば
成果を出した  80点の成果
どこかでミスをしてしまった  60点のミス

だと継続的に考えて20点成果が上回っているので自信に繋がりますよね?

これが過小評価バイアスの人だと
本来なら80点の成果
を過小評価して50点の成果
だと捉えます。
それに60点のミス
だと
50点の成果  60点のミスで
−10点  となり自分はできないやつなんだと自信を喪失してしまいます。

(表現が少し分かりづらくてすみません。)

対処法としては
自分での評価を宛にするよりもこの場合のみ他人からの評価に目を向けてあげる事によって適切な評価を得ることができるのでバイアス回避となります。

貢献度や実績などの結果=自己評価
にすると自信喪失は回避できますね!



12.サンクコストバイアス

サンクコストバイアスとは??
時間とお金を使ってしまったからやりたくないけどだらだらと続けてしまう。
という心理状況です。


例1.
人間関係について
人は生きていくに連れて考え方や立場など変わって行きます。
なので話が合わなくなったけど旧友だからとだらだらと関係を続けていると中身もない話などにだらだらと時間を浪費してしまいがちですよね。
別に悪い事ではありませんが自分がつまらないと思って時間の浪費だと感じてしまったらその人と会う意味が無いですよね?

旧友だから 付き合いが長いから
を理由で続いている関係だったら切った方が正解です。
それでも切れない人はサンクコストバイアスに陥っているという事になります。

※旧友だけど毎回新しい情報を交換できたり学べるような人間性などの場合は違います


例2  投資

投資でも損切りできずにだらだらと含み損を抱えながら保有する人はサンクコストバイアスに陥っています。

1度買った銘柄だから最後まで向き合おうや自分は長期投資家だからなどと理由をつけて損切りできずに含み損を抱え続け最終的にロスカットされるという結果になってしまうというのも投資ではよくある話ですね。

※理由があって保有し続けるような長期投資家の方とかは別ですが
戦略的な理由もなかったりして含み損を抱え続ける場合はサンクコストバイアスに陥っている可能性は高いですね。

サンクコストバイアスについては長くなってしまいましたが要は

自分がお金と時間をかけてしまった物事に対しては損切りできずに合理的な判断が出来なくなってしまう

という事になります。


サンクコストバイアスの対処法

1.事前にルールを決めておく
2.ゼロベース思考

1.の場合は
事前にルールを決めておくことによってバイアスが回避できるという事です。
例えば投資においても損切りする値を決めておきどんなことがあっても損切りする
などですね。

人間関係でも自分とは話が合わない人とは付き合いをしないとか

ゲームなら
3日プレイして面白くないと思ったらやめる
などですね。

そうする事で時間やお金の浪費を避けることができます。

2.ゼロベース思考
ゼロベース思考とは一旦自分の頭をリセットして白紙の状態から考える
という思考法です。
サンクコストバイアスには効果的で
囚われているから損切りできない考えなので
一旦頭をリセットすることによって合理的な判断を下す事ができるようになります。

やはり時間とお金を浪費してしまうとネガティブバイアスに陥ってしまう可能性が高いので無駄な時間や無駄な出費について定期的に考えるのは大切ですよね。

なのでここは合理的に
つまらないものにお金と時間をかけるよりも
新しい可能性のある物事にお金と時間をつかう
というマインドが大切です。

なので年末というこの時期に1度このサンクコストバイアスに囚われていないかを見直してみてはいかがでしょうか??


ネガティブバイアスについてはこれが最後になります!!



長々とご閲覧ありがとうございました😌

今後とも当ブログ、KARMAブログをよろしくお願いします😌
それでは🙌




こんばんは。KARMAです。
今日も前回に引き続きネガティブバイアスについて解説してきたいと思います。

※はじめて読む方は,らお読みください。
http://karuma.blog/?eid=43
(ネガティブバイアスについて 
http://karuma.blog/?eid=45
(ネガティブバイアスについて◆
http://karuma.blog/?eid=46
(ネガティブバイアスについてぁ


それでは本題にはいります。


П糞彁弭優丱ぅ▲

永久思考バイアスとは


""現状の苦しみや辛い事がこの先もずっと続いてしまうと考える思考""

です。



1.現状引きこもりの人でこの先もずっと就職できないとネガティブに考えてしまう。

2.就職や受験などで失敗してしまった人は
この先ずっと理想の会社に就けない
理想の学校に入れない

3.鬱をもっている人だったら
この先もずっと鬱に苦しめられるんだろうな

などですね。

人は終わりのない悩みをもつと絶望してしまいます。

絶望した状態だと普段上手くいく事も上手くいかずにさらに自己嫌悪に陥ってしまいます。

そうする事で生まれるのが負のループ(負の連鎖)で
いずれそれを断ち切らなくてはなりません。

永久思考バイアスの解決方法

悩みや不安を毎日日記に記入してみてください。
それを半年後や1年後見返してみると
この時は辛く苦しかったけどもう解決したからいいやとなり
だから今悩んでる事も1年後にはもう解決しているんだろうなと考えれるようになれば永久思考バイアスから逃れられた瞬間です。



┳搬膕愁丱ぅ▲

拡大化バイアスとは

""1つの事が駄目だと相関性のない事まで駄目なんじゃないかと思ってしまう事""

これが拡大化バイアスです。




1.仕事で失敗した時自分は何しても駄目だからと劣等感を抱く

2.恋人関係で上手くいかないと自分は人間関係を築くのが下手だから友人など周りの人間に嫌われてるに違いない

3.ダイエットに失敗したから自分は継続力が無さすぎるから何しても続かないだろう

などですね。

1つの事が駄目なら全て駄目になってしまう
と思い込んでしまう傾向にあります。

何が1番危険かというと

何やっても駄目なんだというネガティブな感情に支配され新しい事に挑戦しなくなる事です。

やはり新しい事に挑戦するということはもちろんまた失敗して自信を失うかもしれないリスクもありますがその分新しい自分を知れたり、(こういう考えあったんだ!)
などと
新しい気づきをくれます。
これは新しい事に失敗しても同様で、今回は結果的にうまく行かなかったけれどこんな事が知れた
など失敗しても経験的にはプラスになります。

そんな機会を自分のネガティブなバイアスのせいで損失してしまう
のは勿体ない事ですよね。


拡大化バイアスの対処法
副業をはじめてみるや友人関係を広げてみたりなど


""居場所""


をつくってあげることが解決策です。

なぜかと言うと

1.仕事で上手くいってない時
本業の方で失敗してしまったけど副業の方は成果が出てる
と思うことでメンタルのバランスを保てます。

2.恋人関係で上手くいってない時
恋人関係で上手くいかなかったけど友人関係ではうまくいっている
と実感するとメンタルのバランスがとれますよね。

3.ダイエットなどめんどくさいと思う習慣の事で上手くいかなかった時
この場合は自分が好きだから続けてる事などを考えてみてください
そうすると自分は継続力がないわけではないんだと気づくはずです。

要は1つの何かに依存しないで分散するという事でメンタルのバランスを保てる事になります。

投資でも分散投資という言葉があるのと同様で
考え方や人間関係などを多種多様に持ち広く考える事によって様々なリスクを回避する事はできます。(ものすごく嫌な事は複数起こらない)



破局化バイアス

破局化バイアスとは
""自分の状況や環境などをすぐに最悪だと決めつけてしまう""
バイアスです。


何が良くないかと言うと
悪化すると否定的予言バイアスや拡大化バイアスに陥ってしまうと言うことです。

このバイアスは語彙力がない人が陥る事が多く、
悲観的な出来事がある度に最悪と言葉にする事によって全てが最悪と思ってさらにネガティブなバイアスを悪化させてしまうということになります。


破局化バイアスの対処法

語彙力をつけ悲観的出来事には点数をつけてみましょう。

10が最悪だとすれば今回の出来事は5くらいかな?
などと考える事によって常に最悪だと決めつけてしまう癖を治す事ができます。
更に語彙力をつけること言葉を発しても必要以上に落ち込まなくなるという対策がとれます。
(辛い、きつい、ちょっとキツかったかな、これは萎えるわー)
などですね!



とこんな感じで今日は終わります。
ご閲覧ありがとうございます😌

こんばんは!!
KARMAです。

今日も引き続きネガティブバイアスについて解説していきたいと思います。

http://karuma.blog/?eid=43
(ネガティブバイアス 

http://karuma.blog/?eid=45
(ネガティブバイアス◆

※この記事はネガティブバイアス△梁格圓任垢里任泙斉匹鵑任覆い茲噺世κは上記からお読みください😌

それでは本題に入ります。

ジ朕猷修罰杏化(自責)(他責)
思考

個人化と外部化について少し解説していきます。

自責思考とは何でもかんでも自分が悪いと思ってしまうタイプです。
他責思考とは何でもかんでも相手が悪いと思ってしまうタイプです。

みなさんの周りでもこうゆうタイプいませんか??
社会に出ている方はあまり目の当たりにしないと思いますが高校時代など10代の時にはこのような人沢山見てきたはずです。

10代の頃ならまだ未熟で済むのですが稀に社会に出てからでもこのような人が居ます。

正直この思考はかなり危険です。

自責思考の危険性

自分を責めすぎて鬱に陥る
自己嫌悪にはしる=メンタルブレイクのリスク
落ち込みやすくなる
などメンタルにかなり悪影響を及ぼしてしまいます。

他責思考の危険性

いつも周りのせいにして自分は何も成長できない=周りに置いてかれる
それすらも周りのせいにするので最終的に孤立したり悪い意味で浮く存在になってしまいます。

なによりも自己成長ができないのでこのようなタイプは昇格する事もできずしまいには解雇されてしまい人生どん底まで落ちてしまうという可能性もあります。

いつも他人のせいにするので友人も居なくなります。

類は友を呼ぶで周りに同じような人が集まり足の引っ張り合いにもなりかねません。

などと色々なデメリットがあります。

要は自責も他責も偏った考えは危険だという事です。

改善策
これは僕の改善策ですが、
問題を詳細に分けてその詳細の課題と向き合うようにします。


自分の部下が曖昧なままこの仕事をできますと言ったので任せたらミスをしてそのミスのせいで自分が上司に怒られた場合

自責
自分が部下を注意深く見ていなかったから次からは自分の目で最終確認をしよう
監督不行届で自分にも非があるから上司に謝ろう

自分の教え方がもしかしたら分かりづらく伝えてしまったのかもしれない

他責
自分の部下が曖昧なのにわかると言ったから任せたから曖昧なままわかると言った事について指摘をしよう=わからない事を曖昧なままにしないでほしい注意する

こんな感じで物事を両方の視野で見ることができれば考えが偏って感情的になったり余計落ち込みすぎたりという事はなくなるはずです。
(例が分かりづらくてすみません。笑)

Δ垢戮思考
 すべき思考とは自分の中のルールや価値観に縛られる思考の事を言います。


上司ならもっとちゃんとに部下をマネジメントすべきだ
親なら子を不自由なく育てるべきだ
社会人はみんな車を持つべきだ

などですね(あくまで例ですよ)

これは自分にも他人にも働いてしまうバイアスです。
ネガティブバイアス
で説明した白黒思考に類似してますね。

この場合考え方が非常に凝り固まってる段階です。
もっと物事を柔軟に考えるマインドが必要ですね。

すべき思考の人はやはり完璧主義などが多く
やはり、完璧に物事を成し続ける人間は居ないのでそれにより自己嫌悪に陥ったり他人を否定したりと厄介です。

なのでまずは物事を柔軟に捉えることから始めた方がいいです。

〜すべき
よりも
〜した方がよいだろう
などと考えてみてください。
これだけでもきっと効果はあります。

それと単にストレスが蓄積されすぎて感情的になりやすくなってる可能性もあるのでメンタルケアのために日々自然に触れながら散歩したり運動をしたりしてみると頭も少し柔軟になったりします。
是非試して見てください😌

それではまた!!