こんばんは、KARNAです。


すみません。

体調不良や遠出と仕事が続いて更新サボっていました。笑


ココ最近は静岡と茨城に足を運びご当地グルメ食べたり富士山みたりなど


久しぶりに生きてるなー。って思った数日でしたね!


余談はさておき


皆さん歳を重ねるに連れて1日、1年があっというまだ…


と思った事。


誰しもあるはずです!


子供の頃と今どれだけ体感時間が早いか



その対処法ついて解説していきます。


今回はジャネーの法則


について解説していきます。



〇ジャネーの法則とは??


19世紀のフランスの哲学者

ポール・ジャネ

が発案し

甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則ですね。


主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く


年長者にはより短く評価されるという現象


を心理学的に説明したのがジャネーの法則です。


難しいので

要は

自分の感じている年月の長さは

年下にはより長く

年上にはより短く

評価されるという事です。


その原理原則について下記で説明していこうと思います。



例えば

1歳の赤ちゃんの1年の長さが1だとします。

5歳の子供の1年の速さは赤ちゃんの頃の5倍とされており


10歳の子供の1年の速さは赤ちゃんの10倍です。


という事は

50歳の人の1年の速さは

赤ちゃんの50倍であり、

10歳の子供の5倍速いという事です。


確かに時間が日に日に早くなってない?

と思う程年々早くなっていきますよね。


もちろん上記の時間の速さはとは体感です。


この原理原則を使って人生の半分の折り返し地点

を割り出してみますと


下記の画像のようになります。


※Google画像から抜粋


体感的な人生の半分は10歳になっていますね。


このブログをご愛読している方の大半はもうとうに過ぎているのではないでしょうか??


僕はと言いますと…



実は10代なので…



はい、嘘です。


いや、戻りたいですよね10代…

心の中ではまだ18歳です☺笑




余談はさておき、


僕個人で思う事があり


なぜあの頃は時間が長く感じたのか


それでなぜ今はこんなにも早く感じてしまうのか。



その原因についてですが

〇割と同じことの繰り返し

〇色々な事を知っている

〇決まった周期の給料形態


個人的にこの辺が原因なのでは?

と感じていますね。


少し掘り下げて解説しようと思います。


〇割と同じことの繰り返し

仕事三昧の毎日…

確かに変わり映えのある仕事だったらそこまで飽きる事はないと思いますが

同じオフィスで定年まで仕事…

考えただけで老化が進みそうです。


学生の頃は

小学校なら6年

中学校なら3年

高校なら3年

などと年数に限りはありましたが


社会人になると例外はありますが皆定年まで約40年程となりますもんね。


そんでもって土日や休みの日にリフレッシュができればいいのですが寝て終わる週間とかだと最悪ですよね。


本当に人生のスピードが速いと思います。


〇色々な事を知っている



僕はこれを道と似ているのかな?と思ってまして、

知らない道を通って遠出する時って知らない道だからわくわくしますし

少し遠く感じてしまいますよね。


でも帰る時って

早く感じませんか?


それが通り慣れていればなおです。

どんなに会社が遠くても毎日通勤が早く感じたりなどですね。


確かに色々な事を知るって大人の魅力だと僕は思います。


僕も新しいことを知ることは素晴らしいと思い大好きなのですが

反面少し寂しい感じもします。


言葉で表すのが難しいですが

知らない事を知る時って1番楽しいじゃないですか??


わくわく感というかなんと言うか


でもそれを知ってしまった後は高揚感が少ないですよね。


例えば就職や進学、新しい町での生活、海外旅行

などですかね。


この高揚感を人は忘れると人生が加速化しているなと感じてしまいます。



〇決まった周期の給料形態


これはしょうがないことですが

これも原因なのではないかと思いますね。


歳をとりたくないけれど給料日は来て欲しい。


誰もがそう思いますよね。


でも何だかんだ給料日は待ち遠しいです。


そしてその給料日がきたらまた1ヶ月歳を取った事になります。


言葉で説明するのが難しいですがこのギャップのせいで歳をとるのが早く感じるというのはあるのかなと個人的に思いますね。


やはり根本的にルーティーン化した仕事、大きな変化のない毎日が1番人生加速化させているという事になりますね。



〇最後に…


自分の持論を兼ねてなので少し伝わりづらい部分があったかも知れませんが


このような事実が人生を加速化させています。


このジャネーの法則に逆らって生きるにはどうすればよいのか?


本質的な解決策としたら


""変化ある日常で濃い毎日を送る""


〇具体的な解決策


前提として一気に大きく人生を変えることは容易ではないです。


本当に大きく人生を変えたいのであれば

""コツコツ小さく人生を変えていく""


一見遠回りに見えますがこれが1番の近道なんですよね。


〇毎月新しい事に挑戦する課題を決めてそれに取り組む


〇色々な人に会う


〇本を読み実戦


〇自分を見つめ直して悪い部分を変える努力


〇常に継続させる事を決める


これらを個人的におすすめします。


本当に小さな事でいいです。


今月は毎日筋トレするとか

営業職ならトークの本や心理の本を読んで実戦するとか

なんか興味ある分野のオフ会に行くとか


もっと言うと通勤ルートを少し変えてみるとかでもOKです。


そもそも人は変化に弱い生き物なので大きく変化を取り入れると精神的にも

疲弊してしまうリスクもあるのであまりおすすめはできません。



なのでまず""小さな1歩""

を歩んでみる事が最適解だと僕は思います!!


それではまた次回😌