こんばんは、KARNAです。


なんか今日やる気がないな。


気分があがらないな。


体が重いな。


時々このような事はありませんか??


休日だった休めばいいと思いますが

仕事の時はそうはいきませんよね??


そんな時に瞬間的にやる気を出す方法を解説していと思います。


〜肝呂30秒間動く

△笋覽ぅ好ぅ奪舛魏,


この方法を解説していきたいと思います。


〜肝呂30秒間動く。

全力で30秒間走るとかでもいいのですが環境的にやりづらい場合が多いですよね!


この場合僕個人がおすすめの方法が


全力で30秒間腕立て伏せ

全力で30秒間スクワット


これです!


これならあまり場所を選ばずにできるのではないでしょうか?


腕立て伏せも別にうつ伏せにならずとも壁などに手をかけ斜めの状態でもOKです!



ここで大事なのが

""心拍数をあげる"'


これが1番大切です。


ちゃんとに心拍数があがるまでやってみて下さい。


(大抵30秒も全力で動くと上がります。笑)


心拍数が上がると血液の巡りが良くなり脳も活性化されるので

モチベーションも向上しやる気も瞬発的に湧いてきます。


僕は体が疲れてやる気が出ない時にあえて取り入れてます。笑


なので朝出社してからなど1日のスタート時にやってみてください!


※寝起きは体に負担がかかるので控えてくださいね。


△笋覽ぅ好ぅ奪舛魏,后

皆さん、やる気スイッチはどこにあると思いますか??


頭?お腹の中心?それとも腰?…腰はよくないですね。笑


実はやる気スイッチは作り出すものなんですよね!


ではその、作り方とは??


見えるとこならどこでもいいんですけど、


なるべく手をおすすめしますので手と仮定しておきましょう。


以下手順


1.手のひらの内側を開いた状態で真ん中に焦点を当てて集中してください。


2.そこに(手のひらの中心)やる気スイッチのON,offのボタン

があると想像してみて空想で作り出してください。

この時そのボタンからエネルギー供給の配線が体に巡らせている部分も想像してみてください。


3.そのボタンを逆の手で押してください。(長押しです。)


4.エネルギーが配線を伝って全身に流れる所を想像してください。


5. やる気スイッチがONになったと思い込んでください。


これだけでOKです!


ほんとこんなのでやる気でるの?

って思いますがこれが出るんです!


もちろん、半信半疑というより思い込む事が大切です。



ネタあかししてしまいますが

一種のプラシーボですね!


実際に人間の脳は思い込み次第でいくらでも騙されるので

効果的と言えます。


プラシーボ効果には


実際効果のない偽薬を医師が効く薬と言って処方して軽い病が治るや

店員さんがノンアルコールのお酒を普通のお酒と言って提供してそれを飲んで酔っ払う


などと思い込みによる作用で人間はすぐ騙される事も実証済みですね!


プラシーボ効果の研究は他にも山ほどあるので面白いので興味ある方は調べてみてください!


まとめ

僕もこの方法に何度もやる気を出させてもらいました!笑


でも疲れてやる気が出ない時はゆっくり休む!


これに限ります!!


追い込みかけることは一見早足に見えますが実際はコスパも悪く、長い目でみるとあまりいいものではありません。


なので休み休み自分のペースでコツコツタスクをこなす事が大切です。


そっちの方がモチベーションの向上、継続力の向上、体の健康、精神的安定などメリットが大きいです!


僕も最近はちょくちょく休んでいます!笑



それではまた次回😌


コメント
コメントする