こんばんは、KARNAです。


今日からマーケティングに役立つ心理を解説して行きます。


まずはじめに。


〇マーケティングとは??

実際に定義は曖昧でマーケティングにも沢山種類がありますが総じて言えるのは


""物を売る力や方法""


ですね!


でもこれを読んでる方は小売店や営業で働いている方は確かに為になるかも知れませんがそうでない方はそんなの知らなくていいよ!!


となってしまいますよね!


でも実はマーケティングは商売ではもちろん


恋愛、対人関係、日常の無駄使い防止など


""色々な場面での応用が効きます!""


なので知っておいて損はありませんのでよかったら最後までお付き合いください😌


〇行動心理学


(嵎鸚の原理

▲リギュラ効果

アンカリング効果


の三本立てで今日は解説していきます。


(嵎鸚の原理

当ブログをお読みになっている方は恐らくご存知だと思います。


度々出てくる返報性の原理ですね!


この場合での返報性の原理について解説して行きます。


返報性の原理とは?


"人から施しを受けた場合何かお返しをしなくてはならない。""

と思う心理効果です。


ビジネスの場面ですと。


例えば

〇サンプルを大量に配る事によって新規顧客の獲得


〇新聞配達のビールや洗剤のプレゼント


〇試食


〇営業でのサンプル


などが主に返報性の原理を利用した手法ですね。


要は無料で提供する事で返報性の原理を利用して契約に結びつける方法です。


こうして意外と日常で心理学って使われているんですよね!!


▲リギュラ効果

カリギュラ効果とは??


""何かを禁止される事によって逆にやりたくなってしまう'"


という心理効果です。


典型的な例で言うと


このボタンは絶対に押してはいけないボタンです!!


と言われたら押してみたくなるあれと同じです!笑


その意図としては

(押したらどうなるのか?)

という好奇心が働くが故に押したくなるという事です。



他にも例をあげますと


〇 ホラー物の決して1人では観ないでください。


〇 雑誌の袋とじ


〇閲覧厳禁!


などですね!


あえて簡単には見せない事によって意欲を掻き立て

更にそれを見たら心理的に満足するのが人間です。


これがカリギュラ効果です。


僕も幼い頃は袋閉じにめちゃめちゃ興味引いてました!


もちろん当時はVジャンプとかでしたけどね。笑


アンカリング効果

""最初に印象的な情報を与える事によってその後の意思決定に影響を及ぼすという心理効果です。""




これを聞くと当ブログをお読みになっている皆さんはどっかで聞いた覚えがあるな?


と思いませんでしたか??


そうなんです、これ"初頭効果"'とほぼ同じなんですよね。


いつもは対人でしたが今回はビジネスと場面で商品を売り込む時の事例を出していきますね!


〇本体価格〇〇円から50%オフ


〇通常79800円から在庫処分現品限り19800円に値下げ!


などですね。


アンカリング効果の価格表示は主に


〇通常価格との比較


〇他社価格との比較


〇メーカー小売希望価格との比較


で決められています。



※実際に商品の元の値段を釣り上げすぎると景品表示法の法律違反になってしまったりするので


これは法律をよく知ったうえで使用してください。


ただ販売店での元の値段を知っていたりするとアンカリング効果のバイアス回避になってしまいます。


アンカリング効果事例詳細



他社  80000円

元の売値  60000円


アンカリング効果


他社比較80000円の50%オフで40000円!!


だった場合はこの40000円のプライスを見たらお得だと思いますよね!


ですがこの販売店での元値を知っていた場合は

(なんだ、2万円の値引きじゃん)


てなります。


それにこの場合プロスペクト理論も作用しますので一層購入意欲が湧きますよね。

(プロスペクト理論とは人は得をするより損をしたくないという気持ちが大きいという心理効果です。)


今が買わなくては損をしてしまう。


という心理効果ですね。



ず埜紊法

マーケティングで使える心理学は今後もどんどん発信して行きたいと思います。


マーケティングという言葉だけ聞くと少し難しいと思ってしまいますが

中身を見ると日常でよく見る光景ですよね!


企業は商品を売り込むのにあの手この手のマーケティング手法を使って商売しています。


それは決して簡単な事ではなく。


色々なアイディアを出し合って戦略を日々練っています。


なのでいつもプライスに振り回されて無駄遣いをしてしまっている人によく知ってもらい無駄遣いが減る事を僕は心から願っています。


やはり無駄遣いばかりする人にはマーケティングに左右されずに価値のある物、良質な買い物をして無駄遣いの自己嫌悪から解放されて欲しいですね。



同時に営業職や小売店の皆さんのお役にもたちたいと僕は思っています。


もし良ければ参考にしてみては如何でしょうか??


それではまた次回😌


コメント
コメントする