こんばんは、カルナです。

 

今回は会話にこれを取り入れるだけで好感度が劇的に上がるという方法を一つ解説していきたいと思います。

 

結論から言います。

 

会話に""質問""を多く取り入れてみよう!!

 

これは特に初対面で相手と距離を縮めるのによく使える手法になります。

 

これは外交の人でも勿論内向的な人でも使える手法なので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

ただ、質問と言っても、尋問みたいな質問攻めや、相手の返答に対して興味ないなと相手に思わせるような薄い反応などはNGです。

 

実際に質問をする人はそうでない人に比べて5倍好感度が高いという事がハーバード大学の研究結果でもわかっています。

 

やはり質問というのは、私はあなたのことを知りたいという自己開示になります。

なので相手からもこの人は私の事を知りたいのかな?その好意に応えようという返報性が働きます。

 

 

※前にも当ブログで話した、バックトラッキング、という手法も重ねて使うとさらに絶大な効果を発揮しますので是非読んでみてください。

 

http://karuma.blog/?eid=32

 

(バックトラッキング解説)

 

自分が質問した内容に対して相手から返答があった場合はなるべくポジティブなリアクションをとりましょう(例外もあります。)

 

そうすることで、この人は私の話を聞いてくれる人だという認識を相手に植え付けさせることができます。

 

皆さんも自分の話を聞いてくれる人は一緒にいて気持ちがいいものですよね!

 

 

そこで注意点として絶対にやってはいけないことがもう一つありまして、それは決して""自語り""をしてはいけません。

 

逆に、皆さんも、初対面で聞いてもいないのに、自語りをしてくる人、大体引きますよね内容によってはどう反応して良いかも分からないですし。

 

もし相手から質問されて、自分が何かを返答する際は、自慢げな内容でも決して自慢気に語ってはいけません。

人は誰しも多少なり承認欲求があります。なので周りを認めさせたい、周りに認めてもらいたい生き物なのですなので時には自慢げに語ってしまいそうになる時はあります。

 

ですが、自慢げに語ってる人を客観的に見て、やはりあまり良い印象ではないと思います

なので、自慢げに語りたい気持ちをぐっと堪えて謙遜気味に返答しましょう。

 

本当にあなたが優れている人だったら自慢げに語らなくても、周りはあなたを認めてくれます。なので自慢げに語るという行為は百害あって一利無しです。

これは断言できます。

 

この""質問をして相手の返答に対してポジティブなリアクションをとる""

という行為は

恋愛の場面でも相手に好印象を残す手法として優れています。

 

だいたいの女性は恋愛話が好きです。

なので恋愛の話を相手に持ちかけます。

そうするとだいたいの女性は長々と自分や周りの体験談を話してくれます。

自分はそれを共感して相槌を打っているだけで、

相手からこの人は私の話を聞いてくれる人=この人といて心地いいと印象を残せるので一気に距離も縮まる傾向があります。

 

大多数の人がコミュニケーション能力が高い人=外交的な人

と思いがちですが、実際にはコミュニケーション能力が高い人=聞き上手だと言われています。

 

聞き上手=共感能力が高い人

 

内向的な人の方が外向的な人よりも共感能力が高いと言われいます。

結論、代行的な人が積極性を身につけたらコミニュケーションにおいて無双できます。笑

 

※解決策

外向的な人はまず会話に質問を取り入れてみる。

共感能力を向上させる。

 

内向的な人は積極性を身につけてみる。

行動力を向上させる。

 

こうすることでより良い人間関係を築く事ができます。

 

以下まとめ

〇初対面では特に質問主体の会話をしよう(相手を尊重する)

 

〇自慢げに話す行為や聞かれてもない自語り、あまり興味無い内容でも興味無い素振りは厳禁行為

 

〇+‪α‬でバックトラッキングを使うとさらに円滑にコミニュケーションがとれるようになる。

 

〇実は内向的な人の方がコミニュケーション能力が高かった。

 

とざっくりですが解説させて頂きました。

 

長々とご愛読ありがとうございました。

それではまた次回😌

コメント
コメントする