こんばんは。
KARMAです!!


もう今年も残すところ1ヶ月切りましたね。
みなさん今年はどんな1年だったでしょうか?
時代が変わり平成から令和となりました。
時代は変われど何も変わらない自分に多少自己嫌悪してしまった事もありましたが当ブログオーナーの僕も自己成長しようと日々精進しておりますので""令和""という時代の流れに負けないように共に日々頑張りましょう!!笑



本題にはいります。

今日も前回の引き続きでネガティブバイアスについて解説していきたいと思います。

※はじめて読む方は,らお読みください。
http://karuma.blog/?eid=43
(ネガティブバイアスについて 
http://karuma.blog/?eid=45
(ネガティブバイアスについて◆
http://karuma.blog/?eid=46
(ネガティブバイアスについて)
http://karuma.blog/?eid=47
(ネガティブバイアスについてぁ

10.拡張化バイアス

拡張化バイアスとは??
実際よりも問題事を大きく見すぎてしまうバイアスです。


例1.
ダイエットしている人が1キロ太っただけで1キロも太ってしまったなどと大袈裟にとらえてしまいネガティブになってしまう。

例2.
小さなミスをしてしまった時も反省は大切ですが必要以上に落ち込んでネガティブな気持ちになってしまう

などですね。

自分のミスなどで必要以上に落ち込んでしまうとそこから派生して自分は何しても駄目なやつだと自己嫌悪に陥ってしまいがちです。

自己嫌悪に陥ると普段上手くいくことが上手くいかず自分の力を100%発揮する事が出来なくなってしまうので""負の連鎖""になってしまいがちです。

なのでやはりバイアスを避ける事が大切です。


拡張化バイアスの対象を説明したいと思います。

普段はあまりよくない事ですが
自分よりも問題事が大きい人を見て安心する
というのが対処法ですね。



借金が50万できてしまったら
FXなどで1000万大損した人をみたり

ダイエット中に1キロ太ったなどの場合は25キロリバウンドした人を見る

などです。

性格からこのような性格だとダメな人ですが一時的にこのように考える事によってバイアスを回避する事はできます!!



11.過小評価バイアス

過小評価バイアスとは??
自分の出した成果などを必要以上過小評価してしまう

というバイアスです。

※謙遜の場合は自分のした事が凄い事だとわけっている上で下がっているので過小評価バイアスに値しません。

やはり自分の出した成果などをちゃんとに評価できないと自信喪失に繋がったりします。

例えば
成果を出した  80点の成果
どこかでミスをしてしまった  60点のミス

だと継続的に考えて20点成果が上回っているので自信に繋がりますよね?

これが過小評価バイアスの人だと
本来なら80点の成果
を過小評価して50点の成果
だと捉えます。
それに60点のミス
だと
50点の成果  60点のミスで
−10点  となり自分はできないやつなんだと自信を喪失してしまいます。

(表現が少し分かりづらくてすみません。)

対処法としては
自分での評価を宛にするよりもこの場合のみ他人からの評価に目を向けてあげる事によって適切な評価を得ることができるのでバイアス回避となります。

貢献度や実績などの結果=自己評価
にすると自信喪失は回避できますね!



12.サンクコストバイアス

サンクコストバイアスとは??
時間とお金を使ってしまったからやりたくないけどだらだらと続けてしまう。
という心理状況です。


例1.
人間関係について
人は生きていくに連れて考え方や立場など変わって行きます。
なので話が合わなくなったけど旧友だからとだらだらと関係を続けていると中身もない話などにだらだらと時間を浪費してしまいがちですよね。
別に悪い事ではありませんが自分がつまらないと思って時間の浪費だと感じてしまったらその人と会う意味が無いですよね?

旧友だから 付き合いが長いから
を理由で続いている関係だったら切った方が正解です。
それでも切れない人はサンクコストバイアスに陥っているという事になります。

※旧友だけど毎回新しい情報を交換できたり学べるような人間性などの場合は違います


例2  投資

投資でも損切りできずにだらだらと含み損を抱えながら保有する人はサンクコストバイアスに陥っています。

1度買った銘柄だから最後まで向き合おうや自分は長期投資家だからなどと理由をつけて損切りできずに含み損を抱え続け最終的にロスカットされるという結果になってしまうというのも投資ではよくある話ですね。

※理由があって保有し続けるような長期投資家の方とかは別ですが
戦略的な理由もなかったりして含み損を抱え続ける場合はサンクコストバイアスに陥っている可能性は高いですね。

サンクコストバイアスについては長くなってしまいましたが要は

自分がお金と時間をかけてしまった物事に対しては損切りできずに合理的な判断が出来なくなってしまう

という事になります。


サンクコストバイアスの対処法

1.事前にルールを決めておく
2.ゼロベース思考

1.の場合は
事前にルールを決めておくことによってバイアスが回避できるという事です。
例えば投資においても損切りする値を決めておきどんなことがあっても損切りする
などですね。

人間関係でも自分とは話が合わない人とは付き合いをしないとか

ゲームなら
3日プレイして面白くないと思ったらやめる
などですね。

そうする事で時間やお金の浪費を避けることができます。

2.ゼロベース思考
ゼロベース思考とは一旦自分の頭をリセットして白紙の状態から考える
という思考法です。
サンクコストバイアスには効果的で
囚われているから損切りできない考えなので
一旦頭をリセットすることによって合理的な判断を下す事ができるようになります。

やはり時間とお金を浪費してしまうとネガティブバイアスに陥ってしまう可能性が高いので無駄な時間や無駄な出費について定期的に考えるのは大切ですよね。

なのでここは合理的に
つまらないものにお金と時間をかけるよりも
新しい可能性のある物事にお金と時間をつかう
というマインドが大切です。

なので年末というこの時期に1度このサンクコストバイアスに囚われていないかを見直してみてはいかがでしょうか??


ネガティブバイアスについてはこれが最後になります!!



長々とご閲覧ありがとうございました😌

今後とも当ブログ、KARMAブログをよろしくお願いします😌
それでは🙌




コメント
コメントする