こんばんは。KARMAです。


今回は確証バイアスにて解説していきたいと思います。


まず、確証バイアスとは??


""正しいと思った先入観の裏付けを無意識にしてしまう""


というバイアスで

自分が正しいと思った事の理由や正しいと思う固定概念にのみ着目してしまうということですね。


この状態はあまり良くなくて物事を中立的な立場で判断出来なくなってしまう

という事になってしまいます。


例をあげますと。

1.為替取引(FX)でトレードをしている時にこれからまた上がるだろうと信じ込んでその理由ばかりに着目して安心してしまう

(この場合中立的な思考をとることによって上がる理由下がる理由を考えて期待値を探るという行為が冷静ですよね)


2.自分はネガティブ思考だ

と思うばかりに自分のネガティブな要素の裏付けを探してポジティブな部分を見ようとしなくて自己嫌悪にはしってしまう。

(中立的な思考だとネガティブな要素だけでなくポジティブな要素も探してみる)


僕も元々ネガティブ思考だった人間なのでこれには苦しめられました。笑


(ネガティブ思考の確証バイアスは危険です。時に鬱病になってしまうリスクもあります。)


3.友人等に相談事をしたがネガティブな意見のみを鵜呑みにしてしまう。

この場合例を出すと彼が(彼女が)浮気しているかもという事で友人に相談したとします。

この場合元々浮気してるかもという先入観をもって会話をはじめているので確証バイアスが働いてネガティブな意見ばかりを鵜呑みにしてしまう。

という結果になってしまいます。


確証バイアスとはこのように厄介で感情的になればなるほど働いてしまいますね。


その場合の解決策としては、


1.まずは、確証バイアスというバイアスを知ることですね。

知っていれば確証バイアスが働いた時に回避しようとする事ができます。


2.一旦その物事(問題点)から離れてみる

これを行うことによって冷静さを取り戻し(頭を冷やすともいいますね)物事を中立的な思考で考え良い選択ができる確率はかなり上がります。


3.客観的な視野を持つ

これは難しい事ですが

常日頃から客観的視野をもつことによって物事を色々な角度から見ることができその結果確証バイアスを回避することができます。


""確証バイアスは利用する事もできる""


確証バイアスを利用する事もできて


仕事など成果を出すことも頑張る理由探し(モチベーション)にも繋がることもあります。


信じる事の裏付け(理由探し)して心を安心させようというバイアスなので分析力に長けたりもしますね。


一概に悪いバイアス

という訳ではないです。

要は""使い方""次第なんですよね。


ただこれだけは言えるのが

物事を決める時は感情的にならず冷静に判断する事によって良い結果が出やすいというのは事実なのでこの点だけは気をつけた方が良さそうですね!!



長々と

ご閲覧ありがとうございました!

それではまた😌

コメント
コメントする